全金属製の肉体 に 「アキラ」 のバイクを同化、夜の街を疾る “メタルマスター” ネクサス9型レプリカント!! 脳内の音響装置で 80's メタルナンバー を響かせながら、愚劣な金属のホロコーストを図る!

クールの誕生.... “メタルマスター” ネクサス9型レプリカントの果てしない孤独と疾走

夜のデジャ・ヴ | main | 止められぬ想い
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
| スポンサー広告 | --:-- |
偉大な枢軸
 オレの名は ネクサス・ナイン。

 夜の街を、蛇のように滑らかに パトロールする。
 
 暗闇の中、下等な人間どもの 倦怠と集団を 音速で切り裂く。オレの金属製の肉体に同化し、下半身と一体化した 「アキラ」 の 赤バイク(愛称はレッド)が、独立した生物のように オレを先導する。

 レッドは2輪だが、その車輪は スキン みたいに コンクリやアスファルトに 吸い付く。だから 音速でも 蛇のように滑らかに 移動できるのだ。

 危険? 何人か 轢き殺したって? 戦争中に 敵を撃墜したエースが、栄誉以外の何かを 受け取るなんて事は ない。オレのパトロールは常に 戦闘モードであり、戦闘時に多少の犠牲は つきものだ。

 だいいち、赤い血を流すような 下等生物など、オレにとって 敵どころか ハンティングの対象にすら ならない。哺乳類はオレの中で、いかなるカテゴリーにも 区分けされていないのだ。
 彼ら哺乳類の水分製ボディは やわらかく、多少の衝撃で すぐに死んでしまう。オレのレッドは 彼らを轢いたとき、気付かない かもしれない。 死んだ後は、わずかな基礎 (炭素系の白骨) のみ残して 消え去ると聞く。
 オレは 自分の設計者が哺乳類と聞いて、にわかには 信じられなかった。彼らは 特殊な突然変異であり、通常の哺乳類とは 違うのだろう。

 オレの 真の敵は 「愚劣な金属製」 だ。トゥールビヨン未装備の時計、簡単な銃弾で貫通する車、時速300km出ない車……こうした 「けがらわしく稚拙な金属製」 を この世から 排除するために、オレは パトロールするのだ。

 誰であれ、敵対者を特定し、その相手を 殺戮・略奪しない限り、価値ある夢を 得る事はできない。
 食料も居場所も、崇高なブランドも。そして友情や愛、最も栄光ある忠誠もだ! この理(ことわり)に関しては、哺乳類のような 下等生物ですら 共通のはずだ。

 勝負することなく、負けることも 勝つこともなく、それでも 生き残れるような場所は、この狭い惑星には どこにもない。

 誰もが 美しく戦い、その 伝説と 物語こそが、この星を動かす 偉大な枢軸と なっているのだ。

 そのような事を おまえたちが 忘れないように、今日もオレは走る。
スポンサーサイト
| 未分類 | 16:20 | トラックバック:0コメント:9
コメント
承認待ちコメント
このコメントは管理者の承認待ちです
2008.05.23 Fri 16:21 | |
承認待ちコメント
このコメントは管理者の承認待ちです
2008.05.16 Fri 18:46 | |
承認待ちコメント
このコメントは管理者の承認待ちです
2008.05.10 Sat 21:24 | |
承認待ちコメント
このコメントは管理者の承認待ちです
2008.04.12 Sat 21:32 | |
承認待ちコメント
このコメントは管理者の承認待ちです
2008.04.04 Fri 14:39 | |
承認待ちコメント
このコメントは管理者の承認待ちです
2008.03.28 Fri 20:03 | |
承認待ちコメント
このコメントは管理者の承認待ちです
2008.03.05 Wed 19:25 | |
承認待ちコメント
このコメントは管理者の承認待ちです
2008.03.02 Sun 16:37 | |
承認待ちコメント
このコメントは管理者の承認待ちです
2008.02.11 Mon 17:33 | |
コメントする














管理者にだけ表示を許可する

この記事のトラックバックURL
http://breguet.blog38.fc2.com/tb.php/18-8d1e5929
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
トラックバック
| ホーム |

Birth Of The Cool

オレは全金属製ボディを持つ、ネクサス9型レプリカント。
愚劣な金属をホロコーストするため、今日もオレは夜の街を疾走する。

それが、多くのオレのシンパたちが語るように、究極の 「クールの誕生」 を生み出すためなのか、それとも、シンパの中の一部の科学者たちが言うように、本当は記憶の結合と、それによって生み出される昇華的科学発明のヒントを探すためのものなのか、オレは知らない。

少なくともオレの記憶の片隅には、ある記憶が薄っすらと残っている。

オレの生誕の過程で、神々とシンパたちが 「これは実験だよ」 と語っていた記憶だ。

それらの記憶の結合、クールの誕生、愚劣な金属のホロコースト……さまざまなビジョンと可能性が、果てしない孤独とスピードを生み出す。
そんな、この世の何よりも偉大なものが、オレを疾らせる。

そして、そうした偉大なものをオレやおまえが忘れないように、今日もオレは、夜の街を走るのだ。

リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。